母子感染について


B型肝炎の給付金請求ができるのは一次感染者と二次感染者、遺族となっています。では、母子感染とはこの中のどれに含まれるのかということですが、母子感染は二次感染者に含まれます。この場合だと母親が一次感染者であることが条件となり、自身がB型肝炎に感染していることが明らかな場合に給付金請求が可能となるのです。

母子感染二次感染者の場合だと、自身が感染しているとなると家族もみんな感染しているということがよくあります。実際そうしたケースは少なくありませんから、少しでも可能性があるのなら調べてみる必要があるでしょう。また、給付金請求をする場合には二次感染者、母子感染であることを証明しなくてはなりませんし、それができないと給付金請求はできません。

二次感染者であることを証明するための要件としては、母親がB型肝炎の一次感染者であり自身もB型肝炎に持続感染していることが一つ挙げられます。母親は一次感染者の要件をすべて満たしている必要がありますし、母子感染であることも証明しなくてはなりません。B型肝炎の給付金請求は平成34年までと期限が定められていますから、今の段階で少しでも怪しいと感じているのならすぐにでも行動に移してください。