B型肝炎母子感染の給付金


感染してしまうと死に繋がることもあるB型肝炎ですが、給付金の集団訴訟といった話を耳にしたことがある方もおられるのではないでしょうか。テレビのニュースなどでよく聞くものいま一つよく分からない、どのような話なのかまったく分からないという方もおられるでしょう。B型肝炎の集団感染については過去に遡ってお話する必要がありますから、まったく知らないという方はここでぜひ覚えてください。

注射昭和23年から63年頃にかけての日本では予防接種が義務付けられていましたし、集団予防接種を受けることもありました。現在では注射をしたときには注射器そのものを使い捨てることがほとんどですし、あらゆる感染を防ぐため注射器の使いまわしなどをすることはありません。しかし、かつての日本では注射器の使いまわしなどが当たり前のように行われていましたし、それが原因でB型肝炎に感染してしまう方が急増したのです

B型肝炎訴訟というのは集団予防接種が行われていた期間に注射を受け、B型肝炎に感染してしまった方の給付金訴訟です。現在ではB型肝炎に感染している方への給付金が支払われていますし、一次感染者だけでなく二次感染者、母子感染の方などでも給付金請求は可能です。ここでは、母子感染によるB型肝炎の場合での給付金請求条件や、可能性がある場合の対処などについてお話したいと思います。給付金請求には期限がありますから、少しでも心当たりがある方は速やかに行動に移しましょう。